事業承継

会社の存続のためには後継者を育てるとともに、承継の物的な条件を整備していく必要があります。

収益力の高い会社の場合は、資産内容が良く配当も良いことが多く、会社の株式の評価が高くなり相続税負担が重くなります。円滑な承継のためには時間をかけて株式を贈与していくなどの対策が必要です。株式の評価額の変動を念頭に置いて、株式贈与を赤字の年度は多く、黒字の年度は少なくなど、贈与税負担を抑えながら毎年実行していきます。

複数の子に会社の各部門を承継させたい場合、別会社にするほうがうまくいきそうなケースでは、新会社の設立や会社分割などの方法も検討してみます。

特殊な事案の企画にあたっては、その分野の専門家と連携しながら、最適の回答が出るように努力しています。