リスク管理

保険を義理で契約する習慣はやめたいものです。保険を有効に活用する方法はいろいろありますが、実際には保険代理店は系列の保険会社の保険商品のみを扱っているため、自由に比較したり選んだりすることができない状況が続いています。

また、各種の保険会社と契約のある代理店でも、手数料の高い保険商品を勧めるなどの問題が指摘されています。

ぶなの森会計社ではこのような問題を踏まえて日本税理士会連合会の外郭団体である(株)日税サービスと提携いたしました。

日税サービスは、大同生命・ソニー生命など財務格付けの高い生命保険会社や、各種損害保険会社の代理店を兼ねているため、ニーズに応じて各社の見積もりを取り、比較して選ぶことができます。また団体割引の適用により、割安な保険料負担に抑えられます。

ご依頼のあったときだけ、日税サービスの専門家が訪問します。不要な時に勧誘される心配は一切ありません。

それでも気をつけるべきことは・・・ 目的別に多様な保険商品が販売されています。 必ずチェックしておきたいのは税金の問題です。

満期受取人や死亡時受取人、契約者を勘違いして契約すると、あとで多額の税負担が生じることがあります。ベテランの外務員でも税の知識は乏しいのが実情です。加入の前にちょっとご相談下さい。